×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  よくある質問

よくある質問

Q:ヘンプはどんな植物ですか?

A:ヘンプ(大麻)は中央アジアが原産地と考えられ、現在は世界各国に分布しています。アサ科アサ属に分類されていますが、そこに分類されている植物はヘンプだけです。
古代より食用や産業など様々な用途で私たちの生活で利用されてきた植物です。

Q:ヘンプにはどんな成分が含まれているのでしょうか?

A:ヘンプ(大麻)に含まれている成分の総称をカンナビノイドといいます。カンナビノイドには80種類から104種類の生理活性物質が存在しており、ヘンプに含まれているカンナビノイド成分のひとつが、CBD(カンナビジオール)と呼ばれる成分です。

Q:CBD(カンナビジオール)とは何ですか?

A:ヘンプ(大麻)に含まれる成分のおよそ80種類から104種類のカンナビノイドの中で、有用性が最も高い成分がCBD(カンナビジオール)です。
CBDはカンナビノイド成分の中で2番目に傑出した化合物です。向精神活性作用がなく、恒常性の維持や多くの可能性を秘めた化合物として有名です。

Q:CBDa(カンナビジオール酸)とは何ですか?

A:CBD(カンナビジオール)と同様にカンナビノイド成分のひとつです。「CBDa」をご存知でしょうか。カンナビジオール酸とも呼ばれるこの成分、読んで字のごとくCBDの酸化型バージョンです。「生のCBD」とも言われます。
ヘンプ(大麻)に含まれるカンナビノイド成分は、すべて酸化型バージョン(~a)という形で存在しています。CBDはCBDa、CBGはCBGa、CBCはCBCaとそれぞれ存在しています。カンナビノイド成分に光や熱を加えることで、当店でも販売しているCBDが得られるわけです。

Q:なぜCBD(カンナビジオール)が世界で注目されているのですか?

A:先進諸国の研究によって、CBD(カンナビジオール)の様々な有用性が報告されているからです。
イスラエルや欧米をはじめとする世界各国で、日々CBDの研究・実験などが行われています。
2018年1月に世界保健機構(WHO)は、CBD成分の有用性を正式に公表しています。同様にアンチドーピング機構(WADA)も禁止薬物指定からCBDを除外することを公表しました。
日本でもCBDオイルは、サプリメント(健康補助食品および健康食品)として、安心・安全に摂取することが可能となっております。

Q:CBDオイルとは何ですか?

A:CBDオイルは、産業用ヘンプ植物の成熟した茎から抽出して得られるオイルであり、天然由来の希少なカンナビノイドとテルペン類が豊富に含まれた製品を指します。ヘンプの種から精製されたヘンプシードオイル、ココナッツオイル、オリーブオイルと混合し、精製された健康補助サプリメントです。

Q:CBDオイルとはどう定義された製品を指すのでしょうか?

A:ヘンプシードやオリーブオイル・ココナッツオイルをベースオイルとし、CBD(カンナビジオール)がそれらベースオイルに乳化されていれば、いかなる種類でも「CBDオイル」となります。日本では成熟した大麻草の茎および種子から抽出されたエキス以外は、大麻取締法に違反するため、CBDオイルを購入される際はくれぐれもご注意してください。当店で取り扱っているCBDオイルは、すべて国の認可を得た商品のみを販売しています。

Q:CBDオイルとヘンプオイルの違いは何ですか?

A:CBDオイルは、植物性ベースオイルとCBDエキスの混合物のことです。一方、ヘンプオイルはヘンプシード(種)から作られたオイルで、通常カンナビノイド成分はそれほど含まれていませんが、脂肪酸が多く含まれ、健康への効果が期待できるオイルです。

Q:日本でヘンプ(大麻)が販売されていたことはあったのでしょうか?

A:戦前までの日本には、衣・食・住・医療など多岐にわたり、麻を利用する文化が存在していました。
現在の日本でも、品種改良された「トチギシロ」という品種の産業用大麻が栃木県で栽培されており、天皇家(神道)の儀式のために奉納されたり、神社のしめ縄として用いられています。
また、私たちが使っている七味唐辛子に含まれている麻の実や、ヘンプオイルなども産業用大麻から精製されています。

Q:CBD(カンナビジオール)の使用は日本で規制されていないのですか?

A:CBD DREAMERでは取り扱いしているCBDオイルは、すべて正式な国の認可を得た製品を販売していますので、安心かつ安全に使用していただけます。産業用大麻の花穂や葉などから抽出されたCBDは規制対象になりますのでくれぐれもご注意してください。

Q:子どもにCBDオイルを摂取させる場合、1日に何滴が目安ですか?

A:お子さまにCBDオイルを摂取させる場合は、推奨摂取量の半分、もしくは1/3程度から様子をみていただくことをおすすめしています。
また、かかりつけの医師に必ずご相談いただいた上でのご利用をお願いしております。

Q:CBDオイルを摂取するタイミングや回数は?

A:CBDオイルは、いつでもお気軽に摂取が可能ですが、最適なタイミングは就寝1時間前や食事の後などをおすすめしております。
各製品によって目安摂取量が設定されていますが、1日の摂取量を朝昼晩と回数を小分けにすることも可能です。
まれに眠気を誘発する恐れがあるため、運転前や運転中の摂取は必ずお控えください。

Q:CBDオイルは犬や猫などの動物に使用できますか?

A:CBDオイルは犬や猫などの哺乳類の動物にも安全・安心に使用できます。
哺乳類動物も内因性カンナビノイドの受容体を体内に備えているため、人間同様に恒常性の維持を最大限に引き出してくれます。
安全のため一度かかりつけ獣医へのご相談を必ずお願いします。

Q:動物にCBDオイルを摂取させる場合、1日の摂取量は?

A:犬や猫その他の哺乳類動物にCBDオイルを摂取させる場合は、各製造メーカーの1日の摂取量の半分、もしくは1/3分程度の摂取量からはじめていただくことをおすすめしています。