×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  CBDとは

CBDとは

CBDとは

CBD(カンナビジオール)とは、ヘンプ(大麻)に含まれるカンナビノイドと呼ばれる生理活性物質のひとつです。薬理効果が期待できる非精神活性化合物で、海外では医療用として難治性てんかんの治療薬などで実際に用いられており、日本でも安心してご利用いただけます。
現在日本でも保険適用のための臨床実験が検討されている段階です。
主に、不眠、ストレス、痛み、などの緩和や免疫・自律神経の調整などの症状で用いられることが多いですが、他にも実に様々な用途で使用されています。

CBDの効果

CBDは、血圧、血管、心拍、体温、水分など、生きていくために必要な身体の調整を行うESC(身体調整機能)に働きかけ、食欲、睡眠、感情、免疫、運動機能、神経保護、記憶などの身体能力をサポートいたします。
CBDを摂取することで、ECSを正常にコントロールし、身体の調整を行うことで、私達のココロとカラダを整えてくれるのです。

CBD利用者の声

・心が落ち着けた

・集中力が高まった

・痛みが緩和した

・安心して睡眠ができた

・不安な気持ちをあまり感じなくなった

・肌の炎症が抑えられた

・筋肉の緊張が和らいだ

CBDは薬物ではない

CBDは薬物ではない

CBDはヘンプ(大麻)などの違法薬物と同じではないかと不安に思われる方も多いと思います。確かにCBDは大麻に含まれる化合物のひとつのため、厳密に言うと同じヘンプではあります。
しかし、日本で禁止されているものは、大麻の中でも多幸感や高揚感を与える作用があるTHC(テトラヒドロカンナビノイド)という成分が多く含まれている茎と種子以外の部分を使用した製品です。当然、THCはアメリカやヨーロッパの一部の地域を除いては世界的にも禁止されています。
一方でCBDは、THC不検出の合法的な製品で、多幸感や高揚感を与える作用は一切なく、むしろ欧米諸国の研究では抗酸化作用や体内のカンナビノイドと結合し、自然治癒力を高めるサポートをすると報告されています。
CBDは医療用として世界中どの国でも注目され、許可されている安全な成分です。